-奈良HAN 吉野軍-
地域PR

鎌倉時代以前から日本一の桜の名所と称される『吉野千本桜』や、遠く室町時代から続く『吉野林業』、そして日本の山岳信仰『修験道』の始まりの地、吉野。 ここ吉野は紀伊山地の入口に位置し、太古の昔から人と山の繋がりが非常に強い地です。 山が、木が、岩が、草が、すべての自然物が神であるという信仰文化が、現代でも人々の生活の中に生きており、またその名は日本神話の時代から登場する吉野という地は、古い知恵や工夫があふれる場所。 自然に翻弄されもすれば、癒されもし、そこから様々な学びを得る古き良き日本が吉野にはあります。 歴史と文化と自然のミルフィーユ構造を絶妙なバランスで保つ吉野は、なんとも不思議な町です。

おすすめポイント

秘境と人里の中間地点である吉野は、全てがほどよく不便。

希少な動植物や、山で修行をする山伏の姿が見られる人里離れた部分がありつつも、電車、スーパー、病院などはある。

はじめての山生活の地としては絶妙なバランスの町です。

伝統行事も多く、餅まきやお祭、地蔵盆やとんど焼きなど、小さな集落ごとに今も行われています。

そのため人の繋がりも深く、互いに助け合うことが当たり前。

コミュニケーションが楽しく取れる方は心地よく過ごせるでしょう。

移住者も少しずつ増えているので、移住者同士の交流の中でアドバイスも得られます。

人の素朴な優しさと、人との自然の不思議な関係のある地、吉野に足を踏み入れてみませんか?

陣立て(参加団体)

KAM INN  片山文恵

山の信仰と共に暮らす生活、ゆったりとした自然の時の流れ、地域に生きる古の文化を旅人に伝える宿を運営する女将です。修験道の生まれた山、吉野山にあり、女将は吉野修験の山伏として女将業の傍ら山伏修行もしています。宿だけでなく、自分自身が土地の文化となることを目指しています。

奈良県吉野町  奈良県庁東京事務所 職員

吉野町は奈良県中部に位置する町で、町の中心には吉野川が流れ、町域の一部は吉野熊野国立公園、吉野川・津風呂県立自然公園に指定されています。

春になるとシロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が咲く吉野山は桜の名所として全国的にも有名です。

吉野山地から切り出される吉野杉・桧の集散地としても発展し、全国的に銘木吉野材を供給してきました。

また、国栖の里では伝承し続けてきた、紙漉き・割り箸・木工の「ものづくり」が今も盛んです。

 

http://sundeyoshino.com/

?

copyright ©      みんなの移住計画  All rights reserved.